お客様が話をしている時に相槌をしたり、質問をするなど、相手の話に興味を示す事が大事です。

MENU

盛り上がる会話

 

ガールズバーはお客様に接客をするわけですから、積極的にお話をする必要があります。お客様は「お店に来た立場」ですから、最初のうちはどのように話をすればよいのかわからないものです。
そんなお客様の緊張を解くためにも店員のほうから話をふってあげる必要があります。
では、どのような会話をすればお客様との会話が盛り上がるのでしょうか?

 

慣れていないお客様には質問をしてみる

 

男性と腕をくむ女性

人は基本的に「自分の話をする事」「自分の話を聞いてもらう事」が好きです。ですから、一方的に自分の話をし続けるよりもお客様に話をさせて、それを膨らませるほうがよいでしょう。

 

質問内容は、「お近くに住まわれているんですか?」や「お仕事はどんな事をしているんですか?」など、知らない人を理解する為の定番の質問がよいでしょう。
そこから「ご出身はどちらですか?」や「お休みは何をされてますか?」など話を広げていくようにするとよいでしょう。
お客様が話をしているときに、「きちんと話を聞いていますよ」と相手に示す事が大事です。話にきちんと相槌したり、所々質問を重ねていくとよいでしょう。

 

常連さんは自分からお話してくれる事が多い

常連さんになると、たいていの人は自分からお話をしてくれるようになります。ガールズバーなどに飲みに来るお客様は「自分が話をしたい」「自分の話を聞いて欲しい」という目的を持ってくる人が多いのです。
しかし、中には話し下手なお客様もいるものです。そういったお客様には店員のほうから話しかけてあげる必要があります。

 

どのような話がよいのかは、「相手がどんな話をしたら喜ぶか」をきちんと見極めておく必要があります。

 

人によって、喜ぶ話の内容はそれぞれです。お客様を理解する為にも、きちんと相手を観察するように心掛けましょう。