お店にお酒を飲めない事を伝えておけば、ダミードリンクを用意してくれます。

MENU

お酒が飲めない場合

 

ガールズバーなどお客様と一緒にお話をするような仕事をする場合、「店員も一緒にお酒を飲まないとダメなのかな?」と思いますよね。
しかし、お酒が苦手な人や20歳未満のお酒を飲めない年齢の場合、どのようにすればよいのでしょうか?

 

お酒を飲まなくても大丈夫なお店を探す

 

お酒で乾杯する男女

悪質なガールズバーの場合、20歳未満であっても無理やり飲ませようとすることがあります。
また、お酒が苦手でも「お酒を飲む事が当たり前」という接客を強要されることがあります。
そういった目にあわないためにも、面接時にお酒を飲まなくても大丈夫か確認したり、体験入店をしてお店の雰囲気を確認するようにするとよいでしょう。

無理をして体調を壊してしまわないように、見極める事が大切です。

 

お客様に勧められた場合

例えお酒を飲まなくても良いお店であっても、お客様からお酒を勧められることもありますよね。
しかし、「私お酒飲めないので・・・」と断ってしまうと、お客様のテンションが下がってしまいます。

 

お店に前もってお酒を飲めない事を伝えておけば、ノンアルコールのカクテルやジュースなどお酒に見える「ダミードリンク」を用意してくれます。
ですから、お客様ににっこり笑って「頂きます」と伝えて、そのようなダミードリンクを飲むようにするとよいでしょう。
お酒を飲まなくても盛り上がる会話は沢山ありますし、飲めない分トーク術を上げるのも1つの手でしょう。

 

焼酎や日本酒、ビールなどダミードリンクにならない特定の飲み物を勧められた場合、「ごめんなさい。私カクテルしか飲めないので、そっちでもいいですか?」とニコニコしながらお断りをすれば、たいていの場合乗り切れます。

 

お客様にとって「一緒にお酒を飲む」ことが大切なので、その種類にまでこだわらない事が多いですし、ガールズバーはお客様とカウンター越しに接客するので、ごまかす事は可能です。