ガールズバーはお店の営業時間が長く、18歳未満でも22時以降も働けるのが特徴です。

MENU

キャバクラとガールズバーの違い

 

キャバクラとガールズバーは同じだと勘違いされがちです。
まず決定的な違いとして、女性がお客と一緒にテーブルにつくか、カウンター越しで接客するかという点があります。

 

しかし、お客に女性スタッフのドリンクを注文してもらったり、延長や指名をもらうなど共通点も多々あります。

 

ここでは、意外と知られていないガールズバーとキャバラクラの違いについてまとめました。

 

 

営業許可が違う

 

  • キャバクラはホールでお客の接客をするので、風俗営業の届出と認可が必要です。
  • それに対してガールズバー飲食店営業の許可のみで運営されています。

 

仮に女性スタッフが嫌がらなくても、客席に入って接待という立場で接触する行為やフロアでダンスなどのパフォーマンスをする行為は禁止されています。

 

もし、接待行為をしている事が見つかれば店舗は営業停止などの行政処分の対象になります。
そのため、あくまでもメイン業務はバーテンダーでお酒を作る女性スタッフという形を取らないといけません。

 

ここで勘違いしてはいけないのが、BARのアルバイトとガールズバーで働くのでは、環境が大きく違う事です。

 

ガールズバーはカウンター越しという違いはありますが、お客はキャバクラ感覚でお店に来ますし、お店も女性スタッフと話ができる事を売りにしてお客を集めています。

 

形式的には飲食店のBARですが、運営方針はキャバクラのような風俗業としてお客にお金を落としてもらおうと考えています。

 

 

 

 

 

営業時間の縛りがない

店舗の立地ごとのルールや管轄する市区町村の条例などによって風俗店のキャバクラは営業時間を制限される事が多いです。

 

それに対して、ガールズバーは通常の飲食店なので、営業時間に法律的制限がありません。
お店によっては客が残っていれば朝方まで営業を続ける場合もあります。

 

全般的にガールズバーはお店の営業時間が長い特徴があります。

 

 

未成年でも働ける

女性バーテンダーの写真

ガーズバーはあくまでも飲食店なので居酒屋やファーストフードなどのアルバイトと同じ扱いです。

 

18歳未満は22時以降は働けないルールがありますが、22時までなら16歳や17歳でも働く事ができます。
合法的に年齢をごまかさずに夜の世界で働きたい方はガールズバーが最適な職場です。

 

ただし、22時以降が稼ぎ時になる事が多い事や、法律ギリギリの運営をしている所も多く、18歳未満の若い子を公認で勤務させると警察や行政に目をつけられやすい事デメリットもあります。
採用条件を18歳以上や20歳以上に設定しているお店も多いです。