SETやドリンク、指名料などを含めた客単価の総額は、1SETで5,000円~7,000円程度です。

MENU

料金システムを理解する

 

ガールズバーで働くのであれば、まずはお店の料金形態を、おおよそでいいので理解しておきましょう。
料金システムを知る事で、良い求人の見極めもできるようになります。

 

 

ガールズバーの料金システム

 

ガールズバーはお店の方針によって料金システムが異なります。
主に次のものがあります。

 

  • 時間制(SET料金)
  • 席料+ドリンクオーダー式
  • 飲み放題、歌い放題のコミコミ価格

 

全体的にキャバクラと同じSET料金を採用しているお店が多いです。
1SETの時間は60分が主流で、男性はビールやカクテルも飲み放題になっている所が多いです。

 

キャバクラの場合は1SET40分~50分で、ハウスボトルは焼酎やウイスキーのみの所が多いです。
ガールズバーは女性スタッフとの距離があるため、良心的なSET内容にしているお店が多いです。

 

席料+ドリンクオーダー式の所は、お酒を頼まず長時間長居されると損失が大きいので一部のシックな高級店でのみ採用されています。
お客がほとんど追加でお金を払わず、スナック感覚で遊べる全てコミコミ価格にしているお店もあります。

 

良心的な価格のお店は女性スタッフが稼ぎにくいですが、常連客も多く給料が安定しやすいメリットがあります。
席料+ドリンクオーダー式のお店は、スタッフの接客力が求められ、お客にお金を落とさせないと厳しく指導される事もあります。

 

 

SET料金の相場

 

地域によって相場は変わりますが、格安店ではSET料金2,000円~3,000円が相場です。
19時~21時など早い時間はお客の入りが悪いので、割引してお客を呼び込んでいる場合もあります。

 

深夜になると割引はせず強気な姿勢にかわります。
SET料金が高いと、キャバクラと大きな違いがない料金になってしまうので、露出が多い衣装や同伴やアフターを求められるなど、過酷な職場の可能性があります。

 

 

ドリンク、指名料

 

人差し指を立てる女性

ガールズバーは基本的にSET+指名料+延長などでお客にお金を落としてもらいます。
ドリンクは女性スタッフが飲む分で、1杯500円~2,000円と若干割高です。
料金設定が高い分、オーダーをもらうと歩合給としてスタッフに還元される仕組みになっています。

 

お店によっては、1杯200円など手軽に注文できるメニューを用意している場合もあります。
あまり値段設定が高すぎてもお客が逃げてしまうので、一杯500円~1,000円ほどが相場になっています。

 

シャンパンなどのボトルの用意もありますが、キャバクラに比べて高額なオーダーが入る割合は少ないです。
指名を取って、延長をしてもらえるかがガールズバーのスタッフの腕の見せどころで、ドリンクオーダーはプラスアルファ程度で考えておくとよいでしょう。

 

SETやドリンク、指名料などを含めた客単価の総額は、1SETで5,000円~7,000円程度です。
かたくなに追加を拒んで、最低限のSET料金のみで帰ろうとするお客もたくさんいます。