ガールズバーはキャバクラよりも常連客が少ないため、連絡先交換や営業をする必要性が少ないです。

MENU

お客さんとの連絡先交換は必須?

 

夜の世界は、お客と連絡先交換をして営業のメールや電話をする事が多いです。
ガールズバーはキャバクラ勤務などで、こうした雑務に嫌気がさして転職してくる方も多いでしょう。

 

ここでは、連絡先交換の必要性について紹介します。

 

 

ガールズバーでは連絡先交換は自由

 

スマホを片手にサインを出す女性

店舗によって運営方針は違いますが、一般的なガールズバーでは、営業の電話やメールの強要はしていませんし、お客との連絡先交換はスタッフの自由になっています。
つまり断っても問題はありません。

 

実際に働いている女性スタッフは、新規客を中心にお金を落とさないのであれば断る方法を取っている方が多いようです。

 

新規客に連絡先交換を求められた場合は、ドリンクや指名を交換条件にして、応じてくれないなら断るというスタイルが通用します。

 

もし歩合給として還元されるようなお金の使い方をしてくれるのであれば、連絡先交換をして常連客にするのも効果的です。

 

その場の売上だけを目的にして、お客が帰ったらすぐにブロック設定してしまう方もいます。
こうした対応も通用するのがガールズバーの魅力です。

 

 

LINEの普及で連絡先交換も手軽にできるようになった

 

現在、水商売での連絡先交換はLINEが中心でお客側もLINEのIDさえあれば電話番号やメールアドレスを求めてきません。
LINEはブロックできるメリットがあるので、躊躇せずに連絡先交換に応じている方が多く、仕事中の空き時間以外は一切営業のやり取りをしない方もいます。

 

お客からしつこく連絡が来たら、お店に来てもらえるようにお願いして、実際に来なかったらブロックする事もできます。
もしブロックしたお客がお店に来たら、ブロックした理由を、以前来店をお願いして断られた事を言い訳にできます。

 

お金を落としてくれる上客が相手だった場合は、稼ぎを優先して営業のやり取りをするか、働きやすさやON、OFFを優先して割り切って付き合うかは自由です。

 

指名やドリンクなど売上が多いとノルマが無い店舗でも、店長やスタッフから可愛がられるので、上客のみ連絡を取り合っている子が多いです。

 

まずは連絡先交換に応じて、嫌になったり退職したら速攻でお客をブロックできるので、連絡先交換のリスクは一昔前に比べて大幅に緩和されました。

 

 

キャバクラよりも常連客が少ない

 

ガールズバーは、料金の安さが魅力で「今日はキャバクラに行く予算がないけど、ちょっと遊んでいきたい」といったお客さんが多いです。
ほかにも、キャバクラ帰りで物足りないので安く遊びたい客など、その場を楽しむ事を目的にしています。

 

また、キャバクラとは違い、カウンター越しという距離感があるので、よほど女性スタッフが気に入られない限り、頻繁に来店してくれる常連客にはなってくれません。
その分、連日多くの新規来店客が訪れる特徴があります。

 

こうした客の傾向から、連絡先交換や営業活動をする必要性自体が少ないです。