ガールズバーは基本的にノルマもなく、私服であまり気を使わずマイペースで働く事ができます。

MENU

ガールズバーで働くメリットとは?

 

気楽に働ける

勤務先にもよりますが、基本的にノルマもなく私服であまり気を使わずマイペースで働く事ができます。
お金よりもストレス少なく楽に働きたい方に選ばれている仕事です。

 

キャバクラよりも気楽な点

 

 

ON/OFFがはっきり付けられる

勤務時間以外はお客と連絡を取るかは自由ですし、連絡先交換自体を断る事もできます。
また、シフトに関しても融通が利きやすく、年末の繁忙期だからといって、休みなしで連日通し勤務を求められる事もありません。
自分のペースで無理せずに働く事ができて、ONとOFFをしっかり付けた生活が可能です。

 

 

スキルアップになる

ガールズバーも接客力が命のサービス業です。
カウンター越しに複数名のスタッフで一緒に働くので、初めて夜の仕事をする方でも他の先輩の仕事風景を見たりフォローをしてもらって接客のやり方を学べます。

 

さらに実際にお客さんと接していくうちに、どうすれば相手が喜んだり、適度に距離を取れるかなども身についていきます。
レベルアップという面では、ボディータッチなども必要なキャバクラよりもガールズバーの方が学ぶ事が多いでしょう。

 

ガールズバーからキャバクラや高級クラブへ転身する方もいますし、夜の世界から足を洗って昼間の仕事を始めた時も、身につけた接客スキルは様々な場面で役に立ちます。

 

ガールズバーの接客イメージ

 

 

世間体が良い

ガールズバーは正式には飲食店のカテゴリーで水商売とは異なります。
仮に知人男性がお客として来た時でも、キャバクラで働いているほど印象は悪くないですし、「知人からBARでバイトしないか?って誘われてきたら、こういうお店だった」などと言い訳が通じるメリットがあります。
世間体を気にしたり、知人と会う事を懸念している方でも、働きやすい環境です。

 

 

頑張れば稼げる

ガールズバーはキャバクラに比べて給料相場が低いです。しかしそれは時給の話で歩合給はしっかりした割合を用意しているお店もたくさんあります。

 

夜の仕事は、いかに歩合給で稼げるかが勝負です。
ガールズバーでお触りなどセクハラのリスクを回避しながら、キャバクラ嬢以上に稼いでいる人もたくさんいます。
カウンター越しなのでトーク力が活かしやすく、年齢や容姿に問題があっても話が上手ければある程度は通用します。

 

 

イジメが少ない

夜の世界に初めて飛び込む人には重要なポイントだと思います。
スタッフ同士が仲良く新人を歓迎してくれる先輩が多いです。
見た目が派手な子や、同僚と上手に付き合えるか不安な子でも安心して働けます。
キャバクラなど他の仕事に興味がある場合でも、まずは入口としてガールズバーの仕事を選んでみるのも効果的です。