ガールズバーは私服OKの職場が多く、服装に関して厳しく指導されず気軽に働けます。

MENU

ガールズバーが働きやすい理由

 

ガールズバーはキャバクラよりも気楽に働けるのが女性に人気の職場の理由です。

 

 

スタッフ同士が仲良しで連携が重要

 

OKサインを出す女性

客と同じ席に座って飲むキャバクラは、複数名の客に対して複数名のキャスト(女性スタッフ)がついたとしても、テーブルで一体感が出る事は少なく、個人単位で目の前のお客の対応をしないといけません。

 

また、売上の競争も激しく、スタッフ同士がライバルとして火花を散らしたり、お客を取った取らないでトラブルになる事も多いです。

 

ガールズバーは、カウンター越しという利点があり、複数名で同じグループの接客をする時は、女性スタッフ同士で協力して一体感がある接客ができます。

 

また、ノルマが厳しくない職場が多く、売上争いなどが存在せず、スタッフ同士で和気あいあいと働ける職場が多いです

 

 

私服自由な職場が多い

 

キャバクラの場合、ドレスが必須だったりメイクや髪型をうるさく指導される事が多いです。
厳しいお店だと、ドレスの購入をはじめ、ネイルや化粧品に月々数万円かけないといけない場合があります。

 

ガールズバーは店舗にもよりますが、私服OKの職場が多く服装に関して厳しく指導されず気軽に働けます。

 

ただし、お店によってはコスプレやセクシーな衣装が必須になっている場合もあります。
勤務の服装などは事前にしっかり確認しておきましょう。

 

 

断る逃げ道がある

 

キャバクラの場合、お客の隣に座る特性上、セクハラ被害にあう事も多く、飲酒や連絡先交換を強要されると断りづらい立場です。
お客もキャバクラは、女性からの接待のために高いお金を払っているので、強気になりやすく、キャストは立場が弱い面もあります。

 

ガールズバーの場合は、あくまでも飲食店でバーテンダーという立場があるので、「うちはそういうお店ではありません」と強気に行き過ぎた客の要望を断る事ができます。

 

勤務時間外の営業の連絡を一切やらないで済む場合もあります。

 

 

同伴、アフターも不要

 

あくまでも正統派の店舗での話ですが、原則同伴やアフターなど仕事の前後に客に付き合う必要はありません。
もちろん勤務時間外に客と会うのは自由ですが、ノルマを設定している事もなく、男性との接触は勤務中のみと割り切る事ができます。

 

ただし、一部ではキャバクラとほぼ同等にノルマや同伴を求めている店舗もあります。
こうした悪質店も増えているのが現状なので、ガールズバーの求人は実績のある優良サイトを利用するなど慎重に見極めないといけません。

 

ガールズバーの仕事内容