顔を覚えてもらうために1週間に1度くらい通って距離を縮めていきましょう。

MENU

ガールズバーでの出会い

 

キャバクラよりも低予算でなおかつ若い女の子が働いているのがガールズバーです。
ガールズバーはキャバクラのように隣の席に付いてくれるわけではなく、カウンター越しでお話をする形である事が多いです。
若い女の子が働いているわけですから、当然その女の子ともっとお近づきになりたい・・・と思われる男性は多いのではないのでしょうか?
ガールズバーで働く女の子と付き合うにはどのようにすればよいのでしょうか?

 

まずは連絡先を交換する

 

ガールズバーはキャバクラのように「営業」がありません。
要するに女の子がお客さんに連絡をしてお店に来て貰う、というプロセスが無いわけです。当然、「指名制度」や「同伴制度」といった事もありません。
そのため女の子が積極的に営業する事が無いので、気に入った女の子から連絡先を聞くのは簡単なことではありません。
まずは、「顔を覚えてもらう」ことが大切です。

 

ハートを二人で支えるカップル

 

とはいえ、キャバクラなどと違い、毎日通いつめると逆に女の子に引かれてしまう可能性があります。1週間に1度などある程度時間を置いて通うようにするとよいでしょう。
また、自分の目当ての女の子以外が自分に接客することもありますが、そのときでも嫌な顔をせず、みんなと仲良くするようにしましょう。

 

女の子とより距離を近づけるようにするために、出来るだけお客さんが少ない時間を狙っていくようにするとよいでしょう。
何度か色々な時間に通ってみて、すいている時間を確認してみるようにしましょう。

 

顔を覚えてもらうなどある程度距離が縮まってきたら、LINEの交換などを提案してみましょう。若い女の子はLINEの交換であれば躊躇無くOKしてくれる子が多いです。
最初は女の子の出勤の確認やお店に行く事の報告などのやり取りを何度かしたら、食事に誘ってみましょう。
それを何度か続けたら、女の子が自分を特別視してくれる可能性がありますよ。