ガールズバーで働くメリットを、キャバクラと比較しながらご紹介しています。

MENU

 

指をさす女性

これから夜の仕事に初挑戦したい方や、キャバクラで働いてみたけど、おさわりなどの被害にうんざりした方などにオススメの女性向け求人がガールズバーです。

 

ガールズバーでも高待遇の求人が多く、実際に稼いでいるキャスト(スタッフ)も多数います。

 

当サイトでは、働く事を検討している女性を対象にガールズバーの特徴や実態を紹介をしています。

 

ガールズバーってどんなとこ?

 

ガールズバーは2006年に京都で発祥したとされる、新しい形態の男性向け飲食サービスです。
バーテンダーが全て女性というのがガールズバーの定義ですが、基本概念はキャバクラのカウンター越しバージョンと表現できます。

 

一般的なお酒をたしなむBARの場合は、小規模店舗であればバーテンダーは1人です。
ガールズバーは、基本的に女性スタッフとの会話を目的にしているので、原則1グループにつき女性スタッフが1名以上つきます。
店内に席が空いていたとしても、スタッフの数が足りなければ、新規来店客は他のお客が帰ってスタッフの手が空くまで待つことになります。

 

料金はオーダー式のBARとは違い、時間制で男性客は2千円~4千円程度の基本料金を支払います。
基本料金の中には男性の飲み物と女性スタッフの接客のサービス料が含まれています。
別途、働く女性スタッフが飲むお酒や食べ物をオーダーすると追加料金が発生します。

 

ほかにも、指名料があり時間ごとに延長するなど料金形態はほぼキャバクラと同じです。
キャバクラとの大きな違いは、客の隣に座るのではなくカウンター越しで接客するという点です。

 

キャバクラとの違い

 

 

ガールズバーの客層

 

ガールズバーの客層はキャバクラに似ていて、女性とお酒を飲みたい願望がある男性客が中心です。
1軒目からガールズバーに飲みに来るお客は少なく、2軒目以降ですでにお酒が入っている状態で訪れる方が多いです。

 

ただし、カウンター越しという特性から、大騒ぎする客は少なく、1人で来店する方も多い傾向があります。
男性客がガールズバーを選ぶ理由は大きく次の2つに分類できます。

 

  • 料金がリーズナブル
  • 女性との距離はカウンター越しで十分で、純粋にトークを楽しみに来ている

 

お酒を飲む男性

 

 

ガールズバーにも様々な種類がある

 

ガールズバーの求人にはキャバクラやクラブ並に高い所から、飲食店のバイトより少し高いくらいの安い仕事などがあります。
給料の高さは、お店の運営方針によって変わります。
ガールズバーの種類は主に次のものに分類されます。

 

  • 水着やセクシー衣装など露出が高い服装で接客する
  • コスプレを着て接客する
  • 私服でグループにつき必ず1名以上の女性スタッフで接客する(最も多いガールズバーの形)
  • 飲み放題、カラオケ歌い放題で少数の女性スタッフによって、スナックのようなサービスを提供する

 

 

服装の指定があったり、露出が多い、接客の仕草(セクシーな演出)が指示されるなどがあると料金やスタッフの給料が高くなります。
相場より最低時給が高い求人は、ガールズバーでも求められる仕事が多い可能性もあるので注意しましょう。

 

お店によっては水商売というよりかは、居酒屋の延長のような形で気軽に働ける職場もあります。
また、仕事の難易度では、客引きを屋外で自ら行う必要があるのかを確認しておきましょう。

 

客が付いていない時間帯に店舗内で待機できるのと、外で客引きするのでは業務の負担が変わります。場合によっては、コスプレをして繁華街に繰り出される場合もあるので注意しましょう。

 

ガールズバーの求人で気になったら、週末の夜(できれば21時~24時頃)にそのお店の前を遠って客引きや街の雰囲気を確認してみるとよいでしょう。

 

どういうお店で働きたいかわからない場合は、キャバクラ派遣に登録することもオススメです。
キャバクラの仕事が嫌になりガールズバーで働こうと考えている方でも、派遣であれば様々な種類のお店の中から選んで働くことが可能です。
シフトの融通もきく上に、短時間勤務も可能なので自分らしい働き方ができます。

 

幅広い年齢の女性が働ける

 

OKサインを出す女性

ガールズバーは手軽な水商売として20代前半のスタッフが多いです。
以前は10代がガールズバーで働く事もよくありましたが、未成年の飲酒の取締が厳しくなった事で10代では採用されない事も多いです。
20代前半は同年代の仲間も多く、セクハラのリスクも少なく働きやすいです。

 

若い女の子だけの職場というイメージを持たれがちですが、30代の女性がナンバーワンに君臨しているお店も多いです。

 

ガールズバーはカウンター越しなので、トーク力が武器になります。
若くなくても、豊富な人生経験で話を上手に盛り上げたり、聞き役になれるスキルがあれば、お客を獲得していく事も十分可能です。

 

なかにはキャバクラで長年働いて、続けるには年齢的に厳しくなってきたので、ガールズバーへ転職される方もいるくらいです。